邪魅の雫

邪魅の雫 (講談社ノベルス)

邪魅の雫 (講談社ノベルス)

前作陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)から3年ぶりの京極堂シリーズ。今回もずっしり重たい超厚本。読んでも読んでも終わらない圧倒的ページ数。今回キャラクタのデフォルメが少々ゆるくなった印象。読後、超絶圧倒的探偵榎木津礼二郎の大活躍を読みたい気分になりました。

広告を非表示にする