筆入れを買いました

日常使いの筆記具はこの数年間、ほぼ100%4色ボールペンのみです。ノーマル1本とゲルインク化したもの1本の計2本だけを持ち歩いて日々を過ごしています。ちょっとした用事で、先週末鉛筆を持ち歩く必要があったのですが、ボールペンしか使ってないので、筆入れがありません。仕方がなく、妻に探してもらって借りていったのが、この筆入れ。ひっくり返すと妻の名前がシールで貼ってある年代もの。

用が足りればなんだっていいとは思って借りていきましたが、人前で鉛筆出そうと思って一瞬躊躇しちゃいました。流石にこれは恥ずかしいかと。三十路も半ばを迎えようとする大人が、ファンシー文具を持ち歩くのは、いささかみっともない。と思ったのが理由の1つ。

理由はもう1つあります。筆記具が少ないほうが良いと思って、多色ボールペン一筋で来ましたが、そこに少々問題発生。細い文字と書き味が気に入って愛用しているゲルインク、HITEC-Cコレトのリフィルの消耗が激しすぎるのです。0.3mmのリフィル1本が100円。一番使う青色がこれを月に4本か5本使います。もともとの油性のリフィルだと1本60円程度で4ヶ月は持ちます。1ヶ月換算で500円対15円じゃあコストパフォーマンスが悪すぎます。とはいえゲルインクの書き味は捨てがたい。ので、これとではない普通のHiTecCのゲルインクボールペンを1本増やして持ち歩くことにしました。

1本210円で値段は倍ですが、インクの量は何倍でしょう。使用量の多い青色だけ、HiTecCにして様子を見ることにしました。パッとみ10倍程度、3ヶ月くらいもってくれるような気がします。

持ち歩く筆記具が増えたので、筆入れも買うことにしました。コンパクトでシンプルなのが良いと思って探していたら大宮駅構内のお店でワインレッドの革製の筆入れを見つけました。写真だと茶に見えますが、実際はもう少し赤い色です。これに多色ペンとゲルインクボールペンと入れて持ち歩くようになりました。元々赤色は好きなので、好きな色が身の回りに集まると何だか嬉しい気分になるのが不思議なものです。

広告を非表示にする