本を買う

ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)

ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)

blogもチェックしている渡辺千賀さんの書籍。ユーモアや人柄のにじむ、読みやすい文章を書かれる方です。こんな文章が書けたらなと思う人のなかの一人です。
カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)

「葬送」読んで勢いづいて、村上本の後押しもあって、超大作に挑みます。
夜の樹 (新潮文庫)

夜の樹 (新潮文庫)

ティファニーで朝食を」が琴線本で他の短編も読みたくなって購入。
ムーン・パレス (新潮文庫)

ムーン・パレス (新潮文庫)

何冊か読んでいる作家ではあるけれども
日蝕 (新潮文庫)

日蝕 (新潮文庫)

「葬送」が良かったので、ほかの作品も。
山椒大夫・高瀬舟 (新潮文庫)

山椒大夫・高瀬舟 (新潮文庫)

舞姫」が授業で終わったばかりで、それ以外の物も読みたいなと。それから、平野氏の「本の読み方 スロー・リーディング」で取り上げられていたものをと思い。
限りなく透明に近いブルー (講談社文庫 む 3-1)

限りなく透明に近いブルー (講談社文庫 む 3-1)

いつか読まなくちゃ、と思っていて村上龍もちゃんと読み始めようかと。
蛇にピアス (集英社文庫)

蛇にピアス (集英社文庫)

芥川賞受賞の時に読んでいましたが、上記スロー・リーディング本から
デッドエンドの思い出 (文春文庫)

デッドエンドの思い出 (文春文庫)

去年図書館で借りて読んでいたのですが、とても良くて手元にも置いておきたくて購入。2/50「デッドエンドの思い出」 - 繭八庵@Hatena
いつか読んでみたいリストに常時入っていたのですが、続編が今年出版されているようで勢いで読んでしまおうかと背中を押されました。。

広告を非表示にする