横横縦縦

CNV000021
木造軸組の和風建築なので柱の間隔は半間約90センチ。家中幅、奥行き、高さの全てがこの尺貫法が基準になっている。荷重を受ける梁や柱はしっかり太い在が構造をなし、間にも杉板が縦縦横横と張り巡らされ木で作られた箱が出来上がる。

広告を非表示にする