四季 秋森博嗣の再読を始める。初読の時はあんな人こんな人が出てきてあぁやっぱりそうだったんだ、え、会っちゃうのなどと興奮状態で終わってしまったので少し落ち着いて読み直すことに。読んでいてあんなにこの先どうなるのだろうとドキドキした本は久しぶり。