川遊び

Untitled
 昨日、飯能は名栗川で川遊びをしてきた。年に一回夏に遊ぶのが定番となってきた友人家族と一緒に。最初はもっと北の地元の川で、と考えていたけれどこちらの方が良さそうだよ、と妻も調べてくれ名栗川に決定。大きな木の木陰に基地を作ることができ、川遊びに来ている人たちもちらほら数組。ひろびろのんびりと一日を過ごすことが出来た。
 
 子どもたちは前日から箱メガネを作る気合の入れようで、水中観察やら、ボートで探検隊ごっこやら、釣りやらと楽しい一日。釣りと言っても竿は現地にあった棒、糸も短く、針も小さい。餌は川の石の裏にいる虫。川の中に座り込んで、竿ごと水の中に入れて前後にゆすっているうちに魚が釣れる、というお気楽さ。

 昨年のこの友人家族との川遊びでこの簡単釣りを教えてもらい、今年もそれで沢山釣ることができた。小は5センチ位から大は20センチ弱。上の写真がその一番大きな一尾。まさかこんな大きな魚が釣れるとは思っていなかったので、一気に興奮状態。なるほどこの気持ちを求めたくなるのもわかる。

 簡単な仕組みでも釣れるのが面白く、魚の名前もわからないけれど夢中になってしまう。小腹がすけば基地でバーベキューをし、満たされると川に潜り、泳ぎ、釣りをし、で気がつけば夕方。良い一日でした。

広告を非表示にする