中間考査初日

国語科の考査問題というのは担当教員がそれぞれ独自問題を作成することが多いようだ。ある学校で共通問題で一年間通したことがあって、生徒が学年全体を意識してテストに迎えるメリットが大きいと感じた。教員側の議論や交流も増えてとても勉強になった一年間だった。


昨年1年生の国語総合で一緒に教える先生方にお願いをして共通問題で一年間通してもらった。進度や内容の濃淡に多少の違いが出てくるが、それ以上に生徒の側の自分の学習を客観的に振り返ることができることの方が重要に感じる。今年もまたお願いをして現代文と古典の2科目で共通問題で実施することになった。今日は古典、明日は現代文の考査。

広告を非表示にする