読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

006 仕事始め

仕事始めは部活動の練習から。体育館の気温はそれほど寒くない約10度。数人欠席もいて全員集合のスタートとはいかず。「あけましておめでとうございます」と挨拶をして新年スタート。年末年始は1週間休みにしたので調子が出ていない様子の生徒が幾人かいる。明日は1月の団体戦の組み合わせ抽選。おみくじなど運試しはまだしていないので明日は良い場所を引きたい。


練習を見ながらずっと悩むのが、専門家でない自分が競技の技術面でどんな指導をするのが良いのだろうかということ。今思っていることは3つある。


1・僕が素人でもかまわず、足りていないと思う箇所を指摘して気をつけさせること。
2・生徒が自分で弱点に気づいて改善策を考えさせること。
3・生徒同士で相手の長所短所を指摘しあって向上していくこと。


理想は3と2の複合型。中学校からこの競技を続けている生徒も複数名いる。自分たちで部活動の目標、個々人の目標を設定し、初心者への指導、練習メニューを考えることまでできるようになることが理想だと思って接してきている。ただ任せっぱなしも大問題できり寄り道が本道になったり、諸々のバランスが悪くなったりする。僕自身ある程度この競技ができるようにならないといけないよなと思いつつなかなか踏ん切りがつかないでいる。

広告を非表示にする