今日の短編(72) レイモンド・カーヴァー「ダンスしないか?」

なにもかも嫌になっちゃって、どうだっていいだよ、本当は。もう、まったく。と時々僕らを襲う上手く言葉にできない感情のニュアンスが漂っている。うっすらとしたユーモアと一緒に。そんな気がする作品。もやもやしたものを説明するのに、そのものは上手くいえないから、その周りにあるものを、境目になっているものを語っていくと、そのなんだか定かでないものの形がうっすらと浮かんでくる。

「遠慮することはない」と男が言った。「うちの庭なんだ。踊りたきゃ踊ればいいんだ」

愛について語るときに我々の語ること (村上春樹翻訳ライブラリー)

愛について語るときに我々の語ること (村上春樹翻訳ライブラリー)

所収