美丘

美丘

美丘

ぼくたちは朝の光りと音楽のビートに打たれて、抱きあったまま立ち尽くした。あのときの約束を、ぼくは後悔したことはない。誰かを愛することは、その人の命の責任をとることだ。今のぼくにはそれがわかっている。それを教えてくれたのは、あの夜明けの汗くさいきみだったのだ。

ドキッとさせられるけれどもキレイな装丁。この大胆さもこの作品にはふさわしいように思えます。誰かと誰かが出会い、恋に落ち、最後には悲しい別れを迎える。恋愛の無限のヴァリエーションの中でも、この物語は彼女の生き様ゆえに長く印象に残るでしょう。

広告を非表示にする