魯迅「傷逝」

あのとき私が、どんなやり方で、私の純粋にして熱烈な愛情を彼女に伝えたものか、今はもう覚えていない。今どころか、あのときの直後にはもうボンヤリしてしまって、夜になって思い出そうとしても、いくらかの断片しか残っていなかったのだ。同棲して、一、二ヶ月後には、その断片すら、跡形もなく夢のように消えてしまった。ただ、その前の十数日間、表現の態度をつぶさに研究し、言葉の用法を順序立て、万一拒絶されたときの措置についても考えたことだけは覚えている。

だが私は、彼女が両の目で宙を見つめて、うっとりと思いに沈んでいるとき、そのときはきまって顔色がますます和らぎ、エクボが深くなるが、それを見ると、ああまた彼女が例の学課を自修しているのだな、とわかる。

高校生のための文章読本

高校生のための文章読本

 所収

広告を非表示にする