本を買う

楽しいことも一杯あったのですが、こういうなんてことないエントリで復活

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

作品への愛情がひしひしと伝わってくる訳者あとがき。原書も眺めてみたくなりました。キャッチャー・イン・ザ・・ライもまだ積読で読めていませんが、これは気合を入れて読みたいです。翻訳ばかりだったので、村上さんの素の?文章も読みたくなって、ギャッツビーの横に平積みになっていたこれも購入。ゆるくてそこはかとないユーモアが心地よいです。いわゆる一つの小確幸というやつ。

広告を非表示にする