南京下見

CNV000010
南面から。1階外壁は、杉板の南京下見板張り。時間の経過で黒く褪色していくというので、変化が楽しめそうです。すぐ傍にある、やはり同じく杉材の南京下見板張りの実家の外壁は、最初はこれと同じような色だったそうですが、今では、見事な焦げ茶色になっています。足場はまだまだ外れません。

広告を非表示にする