3月並みの暖かさ

1年1コマ、「日本語のこころ」金田一春彦、第5段落。ジャポニカロゴスの「三つ指をつく」「握手」の話。見ている生徒が何人かいる。学校を終えて家について一段落着くと23時頃なのだろう。卒業考査3日目を終えた4年生が続々会議室へやってくる。今日は4年生の3分の2、25人くらい来ただろうか、10人ぐらいが残って作文を書いていく。提出は明日。

広告を非表示にする