まっくろネリノ

まっくろネリノ (世界の絵本)

まっくろネリノ (世界の絵本)

毎年参加している人形劇のお祭り「飯田人形劇フェスティバル」でプロの劇団が公演しているのを見たのが出会いでした。人形劇はふわふわな人形とほわほわな演出でとても可愛らしいもので、これは面白いと原作の絵本を買ってみたら、これがまた違った雰囲気でとても気に入りました。

兄弟のなかで1人だけ(1匹だけ?)真っ黒なネリノ。仲間はずれにされ、さみしい思いをしますが、ある事件がきっかけで大活躍。兄弟とも仲良くなれてよかったね、というお話。「自分らしさって?」「みんなと同じがいいの?」というメッセージが大人にもしみてくる一冊です。独特な色使いが素敵な絵がたくさんで、ネリノたちが生きている世界を想像しながら絵だけ眺めているのも楽しくなるような作品です。

広告を非表示にする