ひとつ上の・・・

百式の田口さんの最先端クリエイター達の思考をトレース(書評&プレゼント) | IDEA*IDEAのエントリを読んで、興味を持ち、ブロガープレゼントに早速応募していたのですが、残念ながら落選してしまいました。しかし、プレゼントしていただけるものでなくとも、読みたい気持ちに変わりはないので、近所の本屋さんで買ってきました。「ひとつ上のアイディア」の前作、「ひとつ上のプレゼン」と、春に見かけてずっと気になっていた齊藤孝の書籍も一緒に購入。

ひとつ上のアイディア。ひとつ上のプレゼン。「できる人」の極意!


齋藤孝さんの書籍は「三色ボールペンで情報を整理する」、自分が好きなものを図化する「偏愛マップ」、幸田文の「なた」を題材に「渾身」を伝える、など、授業に取り入れているものが非常に多いです。単一テーマの氏の書籍は多いですけれども、今回のような各種ダイジェスト、総まとめのような企画のほうが意味の含有率が高くて効率的かな、と思い購入。

最近、「授業はプレゼンだ」とか「授業は会議だ」とか「授業はインタラクションだ」などとキーワードだけが頭の中をぐるぐるしていたので、今回買った3冊の書籍を消化することで、それが整理できると良いなぁと思っています。

広告を非表示にする