太陽光線

74370003
林の中を歩いている時、上を見上げると、気持ちの良い葉の緑、青い空、輝く太陽が目に写りました。太陽が直接入ってしまうと、とんでもなく真っ白になってしまうので、枝の隙間から日の光が透けて見えるようなところを探してカメラをセット。なんとなくこの辺だったら太陽が真ん中くらいから、と見当をつけて真上に向けて地面に置くだけです。風が吹くと、時折葉陰から直射日光が差し込みます。スニーカーのつま先でカメラをはさんで固定して、タイミングを見計らってシャッターを開けました。ほぼ真ん中に太陽の輝きが入ったほぼ予想通りの写真になってくれました。下の方の電線は余計でしたが、取っているときには気がつきませんでした・・・

  • tigre / ISO200 / 1秒弱
広告を非表示にする