新単元突入

文化祭も終わり、テスト返しも終わり4年生も1年生も新らしい教材に入りました
。1年生は芥川龍之介の「羅生門」。大物教材であるこの作品。初めて取り上げるので僕もいろいろ勉強していかなくてはいけません。どこまで掘り下げた話ができるか、がんばりたいと思います。今日は漢字の小テストの後本文朗読。多少難しい表現もありますし、作中に作者が顔を出しストーリーの注釈を加える場面もあるメタな構造なので、そのあたりにも興味を持って欲しいところです。

給食は栗御飯。ここ数回「お、栗ご飯ですね。」「ごめんなさい、さつまいもなの」という会話がなされていたので、今日の栗が大変うれしかった食欲の秋です。

広告を非表示にする