読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小林秀雄全作品から(14)「ゴッホの墓」

昭和30年(1955)3月、「朝日新聞」に発表 その灰色は、雪との対照で、実に美しい灰色をしていて、見ていると色々な色がチラチラ見えて来る様であった。

小林秀雄全作品から(13)「ピラミッド Ⅰ」

昭和30年(1955)1月、「朝日新聞」に発表 どんな綿密な歴史の研究も、目のあたり見た人はよく知っているあの歴史の魂に出会った様な感動を現す事は出来まい。 「昨日である私が、また明日を知る私。人の心は不思議なる哉」

小林秀雄全作品から(12)「鉄斎Ⅲ」

昭和30年(1955)1月、「現代日本美術全集」第1巻に発表 岩とか樹木とか流木とかを現そうと動いている線が、いつの間にか化けて、何物も現さない。特定の物象とは何んの関係もない線となり、絵全体の遠近感とか重量感とかを組織する上では不可欠な力学的な線と…

小林秀雄全作品から(11)「栗の樹」

小学校までは徒歩7,8分、中学校も15分はかからないところだった。毎日、毎日、毎日通っていたのももう随分昔のことで、あの道を歩いたことはずっとない。通学路の景色を思い出しながら、また歩いてみたい気持ちになった。 昭和29年(1954)11月、「朝日新聞…

小林秀雄全作品から(10)「ゴルフ随筆」

このべらんめえな感じがちゃきちゃきの江戸弁というものなんだろうか。落語をきいているような、そんな気分になる。 昭和29年(1954)10月、「小説新潮」に発表 もともと、今ちゃんには買い物の癖があるのだが、こういう次第になると、いよいよこの癖がつのり…

V・ウルフ「私ひとりの部屋」

封建的な日本の家父長制度の中にも同じものを見ることが出来る。「おい」「めし」「ふろ」で全てが通用していたというのは、今となってはにわかに信じ難いものである。 V・ウルフ「私ひとりの部屋」 高校生のための文章読本 より 女性は過去何世紀もの間、…

加藤周一「スペイン旅情」

10年ほど前に妻とヴェネツィアに行った時のこと。その直前までパリに数日滞在していて、パリではレストランやカフェに行くと、日本語はもちろん通用しないし、英語も(もともと頓珍漢なんだけれど)、片言でもフランス語じゃないとやーだもーん、と思ってい…

(手帳6)メモと描写

ブログの文章は、直ぐに忘れてしまいそうな些細なことや、日々の思いつきのメモや備忘録や読んだり見たり聞いたり思ったことの記録のストックのようなものだと思う。自分のためには勿論なるし、誰かの役にたったりすればそれは素晴らしいことだろう。そんな…

小林秀雄全作品から(9)「ボオドレエルと私」

昭和29年(1954)4月、「ボオドレエル全集」内容見本に発表 ボロボロになるまで愛読した本なんてこれまであっただろうか。小学生の頃は江戸川乱歩の少年探偵団シリーズと、南洋一郎翻訳の「怪盗ルパン」全集がとても好きだった。中学に入ってから栗本薫の「グ…

J・L・ボルヘス「砂の本」

J・L・ボルヘス「砂の本」 高校生のための文章読本 より 「あるはずがない、しかしあるのです。この本のページは、まさしく無限です。どのページも最初ではなく、また、最後でもない。なぜこんなでたらめの数字がうたれているのか分からない。多分、無限の…

埴谷雄高「神の白い顔」

埴谷雄高「神の白い顔」 高校生のための文章読本 より そのとき、鏡の内部へはいりこんだような浮遊物も見当たらぬ透明な水中で平らな水面へ向かって垂直に仰向けになった私の視界いっぱいに映ったのは、思いがけぬことに、それまでまったく覚え知らなかった…

清水邦夫「部屋」

清水邦夫「部屋」 高校生のための文章読本 より 昔の家には、ふだん「使わない部屋」があった。 高校生のための文章読本作者: 梅田卓夫,清水良典,服部左右一,松川由博出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1986/03メディア: 単行本購入: 13人 クリック: 149回こ…

坂口安吾「私は海をだきしめていたい」

坂口安吾「私は海をだきしめていたい」 高校生のための文章読本 より 私の心はただ貪欲な鬼であった。いつも、ただ、こう呟いていた。どうして、なにもかも、こう、退屈なんだ。なんて、やりきれない虚しさだろう。 私はふと、大きな、身の丈の何倍もある波…

M・プルースト「現実の存在」

M・プルースト「現実の存在」 高校生のための文章読本より 眩いばかりの雪と隣あっている時には、あれほど黒々と静まり返っている唐松の森が、淡青の、ほとんど薄紫の湖水に、快い艶を帯びた緑の枝を差し伸べていた。 あの年、ぼくは貴方に一度も話す機会も…

小林秀雄全作品から(8)「批評について」

昭和29年(1954年)6月「NHK教養大学」に発表 強い好奇心を持っている限り濫読というものは害はないと思う。 一と口に言えば、形式尊重の時期を経て、個性尊重の時が現れるに至って、批評は、作品の背後に人間を見る様になった。それまで一様な形式のなかで…

(手帳5)本当の発見とは

(手帳5)本当の発見とは 高校生のための文章読本 より だが、実際は違うのだ。手にペンを持って言葉を紙に書きつけるまで、書こうとする内容などは何も見えてこない。少なくとも、口の中でひとりごとのように言葉を言ってみるまでは、自分が何を書こうとし…

R・バルト「箸」

R・バルト「箸」 高校生のための文章読本 より 箸は、食べものを皿から口へと運ぶ以外に、おびただしい機能をもっていて(単に口へと運ぶだけなら、箸はいちばん不適合である。そのためなら、指とフォークが機能的である)、そのおびただしさこそが、箸本来…

K・ローレンツ「本能の大議会」

K・ローレンツ「本能の大議会」 高校生のための文章読本 より ここでかんたんな例になると思われるのは攻撃の衝動と逃走の衝動の間のかっとうにおちいっているイヌに見られる顔面筋の動きだ。 高校生のための文章読本作者: 梅田卓夫,清水良典,服部左右一,松…

小林秀雄「人形」

齋藤孝さんの著作の中で紹介されていたのをきっかけに授業でもたまに使っている。一瞬でぐっと不思議な世界に連れていかれる。 小林秀雄「人形」 高校生のための文章読本 より もはや、明らかなことである。人形は息子に違いない。 高校生のための文章読本作…

石垣りん「はなよめ」

結婚式前日に散髪に行った。以前のお向かいさんがやっている床屋だ。小学校の終わりか中学入りたてくらいから高校を卒業するまでの6、7年間定期的に切ってもらっていた。大学に入ったころから、次第に足が遠のいて切ってもらうのは、数年ぶりだった。「久…

土門拳「走る仏像」

土門拳「走る仏像」 無我夢中で一枚シャッターを切った。たった一枚。そしてもう一枚と思って、レリーズを握った私は、シャッターを切るのをやめた。さっきまで金色にかがやいていた茜雲は、どす黒い紫色になり、鳳凰堂そのものも闇の中に姿を消していたから…

H・ファーブル「短刀の三刺し」

H・ファーブル「短刀の三刺し」 高校生のための文章読本 より 蜂はこおろぎの胴の先に出ている糸を一本大顎でつかみ、前肢で相手の太い後肢をじたばたしないように抑える。同時に中肢で敗者の太息をついている横腹をしめつけ、後肢を二本の梃子のように顔に…

(手帳4)もう一人の自分

(手帳4)もう一人の自分 「高校生のための文章読本」より 「もう一人の自分」を見つめようとする時、わたしたちはある種のいらだちを覚える。それは自分の姿や声をじかに見たり聞いたりすることができない時のいらだちに似ている。 では、わたしたちが、青…

大岡昇平「手」

大岡昇平「手」「高校生のための文章読本」より この物体は「食べてもいいよ。」といった魂とは、別のものである。 私はまず死体を蔽った蛭を除けることから始めた。上膊部の緑色の皮膚(この時、私が彼に「許された」部分から始めたところに、私の感傷の名…

吉原幸子「人形嫌い」

吉原幸子「人形嫌い」「高校生のための文章読本」より 幼いころから、私は人形遊びをしたことがない。動物ならまだしも、あの女の子の姿をした人形を女の子がもったいらしいふけた表情で抱いている光景は、何かグロテスクで近寄難かった。 人形を可愛がるほ…

魯迅「傷逝」

魯迅「傷逝」 「高校生のための文章読本」より あのとき私が、どんなやり方で、私の純粋にして熱烈な愛情を彼女に伝えたものか、今はもう覚えていない。今どころか、あのときの直後にはもうボンヤリしてしまって、夜になって思い出そうとしても、いくらかの…

金子光晴「日本人の悲劇」

金子光晴「日本人の悲劇」 「高校生のための文章読本」より 僕のながい生涯で、この瞬間ほどはっきりと日本人をみたことはなかったのです。人間に対するいやらしさが、日本人のいやらしさの限りとして、同時に浮かびあがり、しられたくないあさましい記憶が…

三善晃「もしかして」

三善晃「もしかして」 「高校生のための文章読本」より このときの「もしか」は反射的でなかった。「もしか」の息のつまりそうな苦しさは、とても長く続いたように思う。だが私は、いつ、どうして桶を手にしたか、覚えていない。ただ、祖母の顔にかぶせた桶…

小林秀雄全作品から(7) 「ことばの力」

「ことばの力」昭和31年(1956)2月「子どもとことば」に発表 どこの国の子どもでも、まず数学の記号を覚えてから、数をかぞえやしない。ことばによって数をかぞえて育つのである。この子どもの時のやりかたを、人間は、同じ言葉を使っている限り、大人になっ…

(手帳3)ことばで遊ぶ

大学時代、課題で言葉遊びの作品を作るというのがあった。「倉田が往復ビンタをくらった」「北野が来たのー」という親父ギャク以前の稚拙なものを提出日に50ばかしでっち上げて提出した。先生のコメントに「もうすこしひねりましょう。例 夫「貧乏暮らしに…

別役実「とぜんそう」

大真面目な顔で嘘をつく。信じ込ませることに成功すると、すごく気持ちがよい。ところどころにユーモアが顔を出している。 別役実「とぜんそう」 高校生のための文章読本より ともかく、現在《とぜんそう》の栽培は禁止され、我が国では和歌山県の農業試験場…

モーツァルト「姉への手紙」

モーツァルト「姉への手紙」 高校生のための文章読本より ごきげんよう。ぼくの肝臓(ルンゲル)ちゃん。キスをおくるよ、ぼくの肝臓(レバー)ちゃん。ぼくの胃袋(マーゲン)ちゃん、いつも変わりないあなたのろくでなしの弟、ヴォルフガング。お願い、お…

高橋源一郎「さようなら、ギャングたち」

高橋源一郎「さようなら、ギャングたち」 高校生のための文章読本より そしてわたしは偉大な鉄工所でも働いた。 偉大な鉄工所においては「耳栓」こそが生命と繁栄のシンボルだった。 高校生のための文章読本作者: 梅田卓夫,清水良典,服部左右一,松川由博出版…

筒井康隆「バブリング創世記」

これ、なんどか見たことがありました。最初の数行はへぇと読んでいくのですが、ページ一杯に広がるこのカタカナの圧倒的破壊力を前に、字面をきちんと追いかけて読み進めていく根気を保てない根性無しでした。 筒井康隆「バブリング創世記」 高校生のための…

小林秀雄全作品から(6) 「常識」

やりたいことや知りたいことを探すのに、物理的な距離や、言語は以前と比べてそれほど障害にならない。自分ひとりでの閉じた作業ではなく、誰か他者と何かを一度も会うことなく一緒にすることも容易になった。自分の立っている場所、共同体、社会の常識とい…

小林秀雄全作品から(5) 「読書週間」

子どもの頃から本は大好きだった。気に入った本はその内容が身体のどこかに染み込んでいるだろうと思えるほど、何度も何度も読み返した。大きくなって、読みたい本が加速度的に増え、読める時間がぐんと減って、気に入った本を読み返すことがめっきり減った…

(手帳2)一番古い記憶

自分史を書いてもらうために、授業のたびに一つの質問に答えるメモを取り続けてもらったことがある。7ヶ月か8ヶ月くらいかけて答えてもらった30数個の一番最初の質問が「あなたの一番古い気を句を教えてください」であった。お、と興味を引いてもらいやすい…

森茉莉「猛獣が飼いたい」

当たり前を、平凡を拒絶した、超越しているような感性。 森茉莉「猛獣が飼いたい」 高校生のための文章読本より 私が若かったとして、だれかがおむこさんを紹介してくれるよりも、一匹のライオンの仔か、黒豹の仔(両方ならなお満足)をくれた方がうれしい。…

野間宏「地獄篇第二十八歌」

野間宏「地獄篇第二十八歌」 高校生のための文章読本より 両手をズボンのポケットにつっ込み、つっ立っている長身の彼の体には、自分で自分の体を扱いかねているような不自由で苦しげなところが露わに表れている。 高校生のための文章読本作者: 梅田卓夫,清…

I・ディネーセン「イグアナ」

物凄くステキで輝いてみえていたものが、手に入れるとありきたりのなんてことないものに見えてしまうのは何故だろう。 I・ディネーセン「イグアナ」 高校生のための文章読本より 私はイグアナの死体が横たわる石に向かって歩いていった。ほんの何歩といかな…

吉行淳之介「蠅」

性を意識する時に感じた自分の肉体が自分でないような、違和感と拒絶感。同様に他者の肉体も同じように遠く受け入れがたいものと感じられる。 吉行淳之介「蠅」 高校生のための文章読本より その瞬間、少女はよろけて、半歩遅れた。立ち直ったとき、目の前に…

(手帳1)表現への扉をひらく

どの作品を選択するか、どこを引用、抜粋するかという選者の目が、意思がアンソロジーの価値であり、醍醐味なのだと思う。どう見るか。どう書くか。視点の多様性と幅の広さを一同に見ることは非常に面白く価値のあることだと思う。 (手帳1)表現への扉をひ…

小林秀雄全作品から(4) 「教育」

身も心もおじさんですから、などとうそぶきつつ、内心すぐ近くに寄り添っていたつもりだったけれども、気がつけば、彼らと僕の年齢上の差はどんどん広がっていく。はじめから大変なことだったけれども彼らの世界をなんとなく理解するだけでも、その困難は年…

小林秀雄全作品から(3) 「自由」

事物と、物事。身体と体と躯・・・言葉が違うということは、その意味するところのものにはなにかしらの違があるはず。しかしその我々がその差異を意識することはほとんどない。自由という言葉は懐の深い、たくさんのニュアンスを飲み込んでしまう言葉なのだ…

武満徹「吃音宣言―どもりのマニフェスト」

武満徹「吃音宣言―どもりのマニフェスト」 高校生のための文章読本より 音と言葉を一人の人間が自分のものにする最初の時のことを想像してみたらいい。芸術が生命と密接につながるものであるならば、ふと口をついて出る言葉にならないような言葉、ため息、さ…

島尾敏雄・ミホ「戦中往復書簡(抄)」

島尾敏雄・ミホ「戦中往復書簡(抄)」 高校生のための文章読本より 八月十三日 夜中 (特攻戦発動、出撃準備ノ夜) 北門ノ側マデ来テイマス ツイテハ征ケナイデショウカ オ目ニカカラセテクダサイ オ目ニカカラセテクダサイ ナントカシテオ目ニカカラセテク…

原民喜「鎮魂歌」

原民喜「鎮魂歌」 高校生のための文章読本より それは僕のなかにあるような気がする。僕がそのなかにあるような気もする。 僕をつらぬくものは僕をつらぬけ。僕をつらぬくものは僕をつらぬけ。一つの嘆きよ。僕をつらぬけ。無数の嘆きよ、僕をつらぬけ。僕は…

開高健「”夜と霧”の爪痕を行く」

開高健「”夜と霧”の爪痕を行く」 高校生のための文章読本より 「・・・おいでなささい。」 案内のスラヴ顔のおばさんが池の岸辺におりてゆくのでついてゆくと、彼女は水のなかをだまって指さした。水はにごって黄いろく、底は見透かすすべもないが、日光の射し…

モーパッサン「『ピエールとジャン』序文 ―「小説について」」

モーパッサン「『ピエールとジャン』序文 ―「小説について」」 高校生のための文章読本より 「もし何らかの独創性をもっているならば、なによりもまずそれを引きだすべきである。もしも独創性をもたないならば、なんとかしてそれを一つ手に入れなければなら…

小林秀雄全作品から(2) 「美を求める心」

目の前にあるものを、先入観なく見つめることは難しい。固定観念や、記号化された概念に当てはめ、定義してしまったほうが簡単で楽だし、なにより早い。事物に限った話じゃなくて、「朝弱い」とか「体が弱い」「人の話を聞かない」なんていう人物に対する評…